日本プロ野球トレーナーOB協会





トップページ


会長挨拶


活動内容


セミナー


会員紹介


Q&A


お問い合わせ


リンク






HOME > 会長挨拶
会長挨拶

日本プロ野球トレーナーOB協会

会長




日本プロ野球トレーナーOB協会は、セリーグ、パリーグの各球団で専門知識を生かして選手の健康管理に従事していたトレーナーが球団退団後も、現役トレーナーとの交流や各界の専門家の講演会などを通して専門知識をさらに向上させ、治療技術の向上を図る目的で、2004年12月に誕生いたしました。
トップアスリートとしてのプロ野球選手は、観客の目に触れないところでの技術の研鑽、健康管理には普段の努力をしております。 私たち元トレーナーも、その選手たちがもてる力をゲームで十二分に発揮できるよう、コンディション確認、疲労箇所の治療、故障者の専門医での受診等、選手ここの健康管理を陰で支える仕事を行ってまいりました。
その経験は、現役を退いた今も、それぞれのOBが後継者の育成や、球界で得た知識だけでなく新たな医療知識の向上により、老人や子供を含めた地域の皆様への治療や、健康に関する情報提供という形で、その培った知識・技術の実践を図っています。
優秀な後継者の育成は私たちがお世話になった球界、そして地域社会のささやかな恩返しであると同時に、治療を通して地域の皆様に喜ばれ、健康な生活に戻っていただけることそれが私達の目指す活動の原点と考えています。



一方、昨今のスポーツ界は、若年層の台頭が著しく、華やかさが一層際立っています。プロ野球界も例外ではなく、甲子園で活躍した選手たち、大学、社会人野球で活躍した選手がプロ球界の門をたたき、レギュラーを目指して、体力作り、技術の向上に大いに努力しています。
私達は、そのような彼等が新人から中堅へ、そしてベテランにいたる長期の過程で、各人の体作りをつぶさに観察し、その身体を時下に触れることを経験してまいりました。その経験は、プロ野球のみならず、他の競技でのトップアスリート(プロ)を目指す選手たちに「どのような 体づくりをすべきか?」、そして指導者には専門的知識にたった「効果的な体作り」について、実践のアドバイスができるのではないかと考えております。



日本プロ野球トレーナーOB協会は、これからも微力ではありますがプロ野球界の発展はもとより、地域社会の発展、他のスポーツ界に貢献したいと存じます。 私達の経験が少しでも役に立つのであれば、 積極的にご活用ください。 要請があれば何処にでも参ります。
活動が活発になり、私たちの考える「社会貢献」の実現に向けこれからも一歩ずつ前進できるよう日々チャレンジしてまいります。

ページ上部へ
日本プロ野球トレーナーOB協会
HOME お問合せ 日本プロ野球トレーナーOB協会